本を出す方法 出版寺子屋

このブログでは、本を出す方法を、 丁寧にお伝えします。 商業出版で本を出すことを目指します。 また、 「誰でも本を書ける」 「誰でも本を出せる」的な無責任な言葉で、 高額な出版プロデュースに 誘導するようなこともいたしません。 このブログは、 そのような怪しさとは一切無縁です。 そのことは、ハッキリとお約束します。

迷いをなくせば、不満は消える

 

 

こんにちは、

のんびり出版プロデューサーの、

おかのきんやです。

 

きょうは、出版で大切な、

【迷いをなくせば、不満は消える】

ということについてお話しさせていただきます。

お役に立てば幸いです

 

 

もし、あなたが、作家になった時、

その、仕事への不満や、

収入への不満があるのなら、

 

自分は、お金を稼ぐために、

この仕事を選んだのか。

それとも、

この仕事が大好きだから、

この仕事を選んだのか。

それを、自分に問うことです。

 

 

「原稿料は絶対に

 上げないでください」

 

 手塚治虫がマネージャーから、

「原稿料のアップを

出版社に打診しましょうか」と、

尋ねられたときの返事。

 

 

 

(^-^)ノ

【仕事を輝かせる】

 

 

あなたは、自分の給料や時給、

適正だと感じていますか?

会社や、バイト先と、

そのことについて、交渉した事、ありますか。

 

手塚治虫も原稿料について、

出版社と交渉した事がありました。

その要求、なんと・・・。

 

自分の原稿料を下げてくれというのです。

それも、十分の一以下に!

 

いったいなぜ?

 

(^-^)ノ

【漫画家の原稿料】

 

その前に、

まずは、漫画家の原稿料を公開します。

 

原稿料伝説1.

 

原稿料の上限は、1ページ10万円だ。

その理由は、

手塚治虫の原稿料の、

最高額が1ページ10万円だったからだ。

手塚先生は、「漫画の神さま」だ。

その神を超えるような、

恐れ多いことをしてはいけない。

だから、

漫画家の原稿料はどんなに上がっても

10万円、という暗黙の了解がある。

 

原稿料伝説2.

新人の原稿料は、

1ページ、5千円〜8千円だ。

中堅で、1万円、

ほとんどの漫画家が、このレベルだ。

人気が出てくると、

1万5千円〜2万円になる。

 

大御所なら、5万円〜7万円だ。

ジャンプ系の、超人気作家だったM氏、

絶頂期には、

1ページ15万円だったという噂が。

 

原稿料伝説3.

新人が、連載を持つと、

連載貧乏になり、悲惨な目にあう。

 

週刊連載になると、

ギャグ漫画はともかく、

ストーリー漫画はとても一人では描けない。

 

そのため、数人のアシスタントを雇うしかない。

その、経費は、漫画家持ちだ。

新人漫画家の場合、

原稿料はせいぜい1万円。

原稿料から、アシスタントの経費を引くと、

赤字になる人も珍しくない。

 

もちろん、単行本化され、

多額な印税が入れば、

それは解消される。

 

だが、それは、

少なくとも、半年〜一年先になる。

だから、週間連載で、

人気絶頂、さぞリッチな暮らしを

しているのではと思いきや。

印税が入るまでは、

食うや食わずの悲惨な

生活を送っている場合がある。

 

原稿料伝説4.

 

広告漫画は美味しい。

 

広告漫画は、通常の原稿料の

10倍と相場が決まっている。

1ページ1万円の作家なら、

1ページ10万円に跳ね上がる。

だから、

漫画家は、

広告漫画の仕事が来ると嬉しくなる。

 

実際、私もそれを経験しています。

広告漫画は、ほとんどの場合、

出版社を通して依頼されるので、

出版社が、手数料をとっているはずです。

だから、実際は、20倍ぐらいの、

原稿料をクライアントから

払ってもらっていると思います。

 

超人気作家の場合、

さらに跳ね上がる。

新聞で広告漫画を描いた場合、

 

1ページ100万円

というのも珍しくない。

 

(^-^)ノ

【値下げの理由】

さて、話を元に戻します。

 

手塚治虫は、

なぜ、自分から、

原稿料の値下げを望んだのでしょうか。

 

昭和48年(1973)

手塚治虫にとっては、最も辛い時期でした。

そのわけは、会社の倒産、

そして手塚漫画の人気が

なくなってきたことです。

 

当時、

「カムイ伝」「巨人の星」「あしたのジョー」

などの劇画がブレーク。

手塚治虫は、

自分の漫画とはまったく異質な劇画に

ショックを受け、大スランプに陥ったのです。

 

出版社は

「手塚はもう終わった」

「これからは劇画だ」と、

手塚作品を次々と打ち切りました。

 

ところが、

手塚先生の根性は半端ではありません。

なんと、新人並みに、

大手の出版社に持ち込みをしたのです。

ところが、

その新作、ボツとなりました。

 

今まで、巨匠と持ち上げていた、

編集者たち、

手塚治虫の商品価値がなくなると、

手のひらを返したように、態度が変わりました。

 

 

 

それに、

義侠心を燃やしたのが

「少年チャンピオン」の名編集長だった、

壁村耐三さん。

「うちで連載を始めましょう!」

と救いの手を差し伸べます。

 

とは言うものの、

手塚先生はもはや過去の人であり、

戦力にはならないのも事実です。

それなのに、原稿料は破格、

予算が貧弱な「チャンピオン」では、

とても採算がとれません。

 

壁村さん、

考え抜いた末に、

失礼を覚悟で、

4回限りの連載と

いう条件を提示しました。

 

これなら予算的にもなんとかなります。

手塚治虫は、その条件を快諾。

さらに驚きの逆提案をします。

 

なんと、

新人と同額である、

1ページ

8千円の原稿料で

書かせてください、

と申し出たのです。

 

1回目の作品が掲載されると、

大評判となり、人気は回を増すごとに急上昇。

 

4回限りのはずが、

急遽、長期連載へと変更されます。

 

この作品のお陰で、

手塚先生は人気漫画家の地位に復活。

さらに、

「少年チャンピオン」も大人気雑誌へと、

急成長していきました。

 

その作品こそ、

不朽の名作

『ブラック・ジャック』です。

 

 

 

 (^-^)ノ

【あなたにとって、仕事とは】

 

 仕事に対するあなたの姿勢、

次のどちらですか?

 

1.お金を稼ぐために、その仕事を選んだ。

2.その仕事が大好きだから、その仕事を選んだ。

 

もちろん、それが両立すれば、文句なしです。

 

ところが、世の中、そう上手くはいきません。

ほとんどの人が、

あちら立てれば、こちら立たずで、

不満を抱えています。

 

漫画家の場合。

大ヒット作を出し、億万長者になると、

あっさりと漫画家を引退する人がいます。

その後は、

マンション経営などをして、

悠々自適の生活です。

 

その一方、生活保護一歩手前の、

貧しい生活をしていても、

「漫画を描いていられればしあわせ」

と満足している人もいます。

 

どちらも、迷いがないので、

幸せだと思います。

 

手塚治虫は、明らかに、

漫画が大好きだから、

漫画家という仕事を選んだのです。

だから、原稿料を8000円に値下げしてでも、

漫画を描き続ける事ができる道を選んだのです。

 

 

(^-^)ノ

【迷いをなくせば、不満は消える】

 

もし、あなたが、作家になった時、

 

仕事への不満や、

収入への不満があるのなら、

自分は、お金を稼ぐために、

この仕事を選んだのか。

それとも、この仕事が大好きだから、

この仕事を選んだのか。

それを、自分に問うことです。

 

そのどちらもが、

入り乱れているから、

不満が生まれてくるのです。

 

どちらか一方をしっかりと選び、

迷いが亡くなったとき、

不満は消え失せます。

間違いなく幸せ度が高まります。

 

 

いかがでしょうか。

きっと、みなさんの、クリエイティブな部分が

触発されたのではないでしょうか。

 

それでは、また、お会いしましょう。

さよなら(^-^)ノさよなら(^-^)ノ

 

   おかのきんや拝

 

ゾーンに入る方法

 

 

 

こんにちは、

のんびり出版プロデューサーの、

おかのきんやです。

 

きょうは、出版で大切な、

ゾーンに入る方法』

ということについてお話しさせていただきます。

お役に立てば幸いです。

 

 

「ぼくは、忙しい方が、

 アイデアが出るんです」

 

殺人的なスケジュールをこなす手塚治虫が、

雑誌記者の取材に対して語った言葉。

 

 

 

(^-^)ノ【多忙に燃える】

 

 「2・8(ニッパチ)の法則」って、

ごぞんじですか?

 

全世界の2割の人に、

全世界の8割のお金が集中してしまう。

残りの8割の人たちには、

2割のお金しかまわってこない。

という法則です。

 

 

仕事も同じです。

2割の売れっ子に、

その業界の8割の仕事が

集中してしまうのです。

 

それは、確かなことのようです。

こんな格言があります。

 

「大事な仕事は、暇な人より、

 忙しい人に頼んだ方がいい」

 

なぜ、

忙しい人に頼んだ方が

いいのでしょうか?

その答えは、また、のちほど。

 

 

 

(^-^)ノ【多忙伝説】 

 

さて、忙しい人の代表が、

かつての手塚治虫です。

いかに忙しかったのかという、

都市伝説をご紹介します。

 

  • 多忙伝説1.

 

まだ、アシスタント制度が確立していない頃、

漫画家は一人で全てを描いていた。

そんな状況でも、手塚治虫は、全盛期には、

常に10本以上の連載を抱えていた。

さらに、飛び込みの付録や読み切りも入る。

他の漫画家なら不可能な殺人的スケジュールだ。

 

同じようなスケジュールの作家が、

あまりの辛さから逃走した。

眠さを取るために、

怪しい薬を飲み原稿を描く作家さえいた。

ついには、過労死する漫画家さえでた。

 

 

  • 多忙伝説2.

 

昭和27年(1952)、

手塚治虫は、医師の国家試験に合格した。

殺人的なスカジュールの中、

合格するまでの間、関西と東京を行ったり来たりしていた。

その汽車の中には、

各社の編集者がピタリと張り付き、

締め切り間際のネームを描かせていた。

 

晩年になっても、

移動中のタクシーや飛行機、

新幹線の中でネームや下描きを描いていた。

新幹線で描く時には、

通路側にマネージャーを座らせ、

通路を通る人から見えないようにした。

 

パーティーなどに参加するときには、

同じホテルの一室を仕事場として借り、

アシスタントを待機させていた。

天国のようなパーティー会場と、

地獄のような仕事場を

行ったり来たりしていた。

 

 

  • 多忙伝説3.

 

ふつうの漫画家は、

下絵をしっかりと描いてから、

ペン入れをする。

ところが、手塚治虫は、

作画時間を短縮するために、

丸や三角を鉛筆で描き、

下描きなしで、ペン入れをしていた。

 

それも、

足の先を描いたかと思うと、

手の先を描く。

最後にはキャラの全体が

キチンと描かれている、

という、離れ業も見せた。

 

これは、描く前に、

頭の中に完成図が100%見えているからだ。

だから、異様な速さで原稿を描く事ができた。

 

 

(^-^)ノ

【大事な仕事は、

暇な人より、忙しい人に

頼んだ方がいい理由】

 

さて、大事な仕事は、

なぜ忙しい人に頼むといいのでしょうか?

 

それは、忙しい人は、

「ゾーン」という

武器を使っているからです。

 

「ゾーン」という言葉、石川遼選手が言い出し、

有名になりました。

「ゾーンに入る」というような使い方をします。

 

「ゾーン」とは、すごく集中しているのですが、

同時にすごくリラックスしている状態です。

 

「ゾーンに入る」と、スポーツなら、

やることなすことが、

神懸かり的に上手くいきます。

 

 

f:id:kinnmaru:20170621214333j:plain

 

 

仕事や勉強なら、

その人の能力が、最大限に引き出され、

短時間で最高の結果を出す事ができます。

それなのに、疲れはほとんど感じません。

 

超多忙な作曲家が、

1分ほどで作った曲が、

大ヒットした、

そんな例はたくさんあります。

 

手塚治虫は、間違いなく

「ゾーン」を駆使していました。

「ゾーンに入る」ことで、

神懸かり的なスピードで、

次々とヒット作を産み出すことができたのです。

 

だから、

「ぼくは、忙しい方が、

アイデアが出るんです」

という言葉が出てきたのです。

 

 

 

【「ゾーン」に入るコツ】

 

「ゾーン」は、

スピリチュアルではありません。

 

禅的な自己コントロールと、

脳科学が結びついたようなモノです。

だから、コツを知れば、

あなたも「ゾーン」を使えるのです。

 

「ゾーンに入る」コツをお伝えします。

 

ズバリ、

『集中力の圧力を高める』です。

 

忙しい人は、限られた時間内で、

問題を解決することを課せられているので、

集中力の圧力を高めざるを得ないのです。

 

ところが、暇な人は、〆切りも、

緊迫感もないので、

集中力の圧力はいつまでも高まりません。

 

仕事や勉強は、時間があるときでも、

ダラダラとやらず、〆切りを作り、

できるだけ短時間で片付けることを意識することです。

そのことで『集中力の圧力が高まります』

 

そして、コツの中のコツです。

日に一度、一分間、

『瞑想の練習』をする事です。

 

  • 座禅的瞑想
  • ヨガ的瞑想
  • 自己流の瞑想

なんでももかまいません。

 

f:id:kinnmaru:20170621214530j:plain

 

 

瞑想を続けていると、

切羽詰まった時にでも、

無心になれ、

気負いや焦りがなくなります。

 

『集中力の圧力を高める』

『瞑想の練習』

この2つのことを、続けると、

「ゾーン」能力が

どんどん強くなってきます。

 

あなたも、試してみませんか。

 

 

いかがでしょうか。

きっと、みなさんの、クリエイティブな部分が

触発されたのではないでしょうか。

 

それでは、また、お会いしましょう。

さよなら(^-^)ノさよなら(^-^)ノ

 

   おかのきんや拝